商品や日々の出来事などをお届けします
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< イタリアのカーテン | main | 道具は大事 >>
2030年の自分へ

iPhoneImage.png

昨日は「2046」というタイトルの映画を観ました。

初めは未来の話かと思っていたら、主人公が描く小説の話のタイトル

2046は部屋番号から

 

話は変わりますが

このブログはなんだかんだ12年間も続いている

2008年2月から書いています。

真面目に書いていた時もあるし、自分のことを書くのが怖くなった時期もあったし

お店の紹介だけにした方がいいのかもと思っていた時期もあったし

忙しくて書けなかった時期もあったし

文章が下手だから、一回全て消したいと思った時もあったし、

 

でも、なんとか続いています。

読んでくださっている方も少なくなったけど、

自分のために書いているから気にしない

 

たまに読み返すこともある

10年前何していたのかなって

 

2010年

そうしたら、「2020年の私へ」というタイトルのブログ発見

内容はお正月休みに大量にたまったDVDの整理をして、10年後の自分に観てもらう話

あとは若い時の夢(イタリアとフランスの国境あたりに住む)を10年後の自分は果たしているかどうかを想像していた

 

予言ではないけれど、確かに10年前に一度封印したCDとDVDの箱をこの1ヶ月半の間に開けました。

CDは全てもう一回聞いてみたし、DVDも見ています。

海外に住む夢は破れましたが

 

そして、もう一度2030年の自分へCDとDVDの封印箱を作りました

内容は、聞き飽きたCDとあまり好きじゃないものの2種類

DVDは好きなもの

予想図では

2030年の自分はまだFABBRICAをやっていると思いますが、仕事は半分ぐらい家でやっていて

それは別荘地(湘南)だといいな

 

FABBRICAは好きな生地の在庫をなるべく多めに持っておく

生地も保存状態が良ければヴィンテージになります。

 

今、ラクロワのインテリアの生地買っておこうかどうか悩んでいる。

写真のピンクの生地、3年前のシリーズ、もうすぐ廃盤になります。

こういった素敵な生地、なかなか出会えない

10年後の自分に買っておこうかな!

COMMENT