商品や日々の出来事などをお届けします
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 神様からのメッセージ | main | 今後の営業や通販、ネットショップの送料サービスにつきまして >>
カーテンは大事

昨日カーテンの納品に行ってまいりました。

最近は百貨店の仕事がコロナの影響で全てキャンセルになり、こういう大変な時はカーテンの仕事にいつも助けられる。

カーテンの仕事は奥深くて、私はやはり自分が好きなものを提案したい。

最近の自分のブームはやはりクリスチャンラクロワのインテリアテキスタイル。

個性強すぎて採用されないことも多いが、今回はあっさり提案が通り、 FABBRICAらしいお部屋になりました。

iPhoneImage.png

 

このピンクの生地はよく FABBRICAのオリジナル小物でも展開していますが、

本当に大好きな生地です。一見派手に見えますが、実際にカーテンにしてみると、全然そうでもなく、高級感もあり、

あと、レースは今回も一押しのドイツのnya nordiska社

Splendid silver

iPhoneImage.png

さすがnyaの生地、やはり違います。なめらかな感じがたまらない。

 

そして、子供部屋ですが、

ヨーロッパのホテルのようお部屋にしたいというリクエスト

白いマンションの壁一部だけにアクセントクロスを入れて、カーテンもお揃いにしました

 

iPhoneImage.png

壁紙とカーテンは英国のオズボーン&リトル社のMATTHEW WILLIAMSONのシリーズ

こちらもFABBRICAらしいお部屋です

このシリーズは好きでもちろんサンプル帳も買いました。

FABBRICAでもご覧になれます。

 

そしてピンクのレースもnya nordiska社

もう10年もファブリカで販売している人気商品。

国内のメーカーさんにはない色味

そして風合

iPhoneImage.png

チュールです。

その名もtulle

 

リビングは

iPhoneImage.png

iPhoneImage.png

よく見るとレースはヴェネツィアの風景

今年Veneziaを封印した私はこの生地と出会った時に感動を覚えました。

この広いL字の窓にぴったりです。

 

ドレープはデザイナーズギルドです。

 

他にも

iPhoneImage.png

スペインのガストンダニエラ社のVELVETとこちらもニャノルティスカ社のレースOKI

本当に素敵です。

 

改めて、カーテンって毎日見るものなので妥協せずに好きなものにすることは

とても大事なことだと思いました。

 

 

 

 

 

COMMENT