商品や日々の出来事などをお届けします
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
過去のイベント

iPhoneImage.png

写真は2014年新宿伊勢丹4階エスカレーター前のセンターパークで行われたイベントです。

大好きなガストンダニエラ社の生地をたくさん使って、のず先生が洋服を作ってくれました。

バッグや小物も豊富です

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

fumieさんが作ってくれたミニチュアも最強でした。

iPhoneImage.png

FABBRICAを再現するものがいくつも

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

バッグも可愛い

 

iPhoneImage.png

 

エスカレーター側から見てもかなり目立つ

 

iPhoneImage.png

 

 

こんな素敵のイベントができたことに感謝です。

 

今、年に何度も何度もイベント中心にやっていると、なかなかここまでの商品数を常に作ることはできません。

ファブリカは大量生産品ではないからです。

イベントの内容によって国別テーマがありますので、好きなガストンダニエラの生地もなかなか使えません。

 

昔の写真を眺めていると、初心を思い出す。

もどには戻れませんが、つねに最善を尽くすだけです。

感傷的な夜

 

iPhoneImage.png

 

写真は2013年新宿伊勢丹5階に出店した時のものです。

当時のファブリカは恵比寿のお店がメインで営業していましたので、百貨店へのイベント出店は年に1〜2度くらい。

しかも天下の新宿伊勢丹です。

伊勢丹のバイヤーさんが自ら会いに来てくださり、口座も開設してくださり、今思うと、本当にありがたいお話です。

 

そのバイヤーさんのことはある時、たまたま地方の出張時、本屋さんで立ち読みした伊勢丹の成功の秘訣みたいな本にもお名前が載っていたお方です。百貨店の古い体制、従来の取引先に頼るやり方に疑問を持ち、自ら上司と掛け合って、自分が見つけた小さなお店に口座を開き、そういう体制を作り上げたお方です。

 

当時の私は、もちろんイベント出店に全く興味がありませんでしたが、出てみると、とても勉強になることが多かった。

百貨店さんが求めるもの、客観的に言ってくださったことが、今思うと正しくて、、

ただ、当時はお店の方が大事だったので、お店を犠牲にしてまで、休んでまでやるものではないと思っていた。

 

初めて出店したのは2011年なので、もうすぐ10年経ちますね。

 

まさか、今、イベント中心にやっているなんて、

 

昔の写真を眺めていると、可愛いものがたくさん。

iPhoneImage.png

 

懐かしいものがたくさん。

 

その当時もイベント出店の際には、ファブリカの仲良しお客様何人かは必ず応援に来てくださり、たくさん買ってくださいました。

百貨店で成功しますようにって

 

そして私は今でも、常にお客様に支えられています。

 

今日も仲良しのお客様が応援に東武に駆けつけてくださいました。

 

家に帰ってきてからまたジーンときました。

夜の私は情に弱いです。

疲れが一気に吹っ飛んでしまいました!

お店のテイストは100%自分ではない?

iPhoneImage.png

FABBRICAは今年で16年目です。

我が子のようなこのお店はもう私そのものではないのです。

お客様や取引先、作家さんたちと一緒に作り上げた世界だと思います。

 

先日いらした作家さんが、創作したいものを絞っていきたいと悩んでいました。

売れるものを作るのもいいのですが、自分のやりたいことを極めたいという気持ちもあります。

今までの彼女の作品にはファンがたくさん付いていますし、私も売れるものをフィードバックしてきました。

彼女に言わせると、かなりファブリカテイストを意識して作ってくれたという。

その人気商品を作ることが、なんだか自分らしくないというのです。

 

私は、お店をやってきて思うのは、今のお店って、自分らしいといえば自分らしい、らしくないといえばらしくない、ただ、必要とされなかったらやっていけないのです。だから歩み寄っていく必要があります。

もともとアーティストと商売人の考え方の違いかもしれません。

 

そんな話をしたら、もしも生活に困らなかったら、何をやりますか?

と聞かれました。

そうだね、自粛の間の生活、嫌じゃなかったから、仕事しないで、絵を描いたり、映画見たり、のんびり暮らすのも意外と楽しい。

いや、どんなお店をやりますか?とも聞かれました。

もっと広い、シンプルな空間でライフスタイルショップも夢かな

無理だけど。

 

よく、いろんなお客様に好きなことが仕事で羨ましいと言われます。

好きなものに囲まれていいですね。とか

本当にそうだと思います。

 

ただ、仕事って、嫌なこともたくさん付いてきます。

いいことばかりではないし、やりたい仕事ばかりではない。

職種は違うけど、アーティストも生活がかかっているかどうかで考え方変わるんじゃないかな。

 

自分のテイストってなんだろう?

自分の家が一番自分テイストかも。

大好きなものしか置かない。

 

過去のFABBRICA(11)

7年前のドイツでのNYAの展示会で初めてこのシリーズに出合いました。


その3ヶ月後、2006年3月
FABBRICAでNYAの展示会を開催しました。
その時の思いはこう

「NYA社の生地をカーテン用のみにしておくのはもったいない。」

「洋服やバッグやその他もろもろにしたい!!」

周りの作家さんたちに声をかけ、その年のNYA社の生地を使った洋服やバッグなどを作ってもらい、その商品達と新作の生地を囲い、ささやかな展示会パーティーを開催しました。

その時の様子をご紹介いたしますね


ウインドウにNYA NORDISKA 2006 NEW COLLECTIONを貼り
・・・今も残っています



ベストやパンツ バッグ



奥の壁にも展示




洋服製作のディスプレイ



のずさんのお人形

そしてパーティーの様子

天井いっぱいに風船



沢山の友人達が駆けつけてくれました。


実はその年の生地がとても好きでした。


あれからも何度も何度もこの生地達を使い、小物やバッグを展開してきました。




今年、なんと渦巻き柄は廃番になりました。
7年間ありがとうございました。

廃番になった生地が、反ごとFABBRICAにやってきました。

うれしいような悲しいような気持ちです。

今なら昔の半値以下の金額で買えます。
お勧めの生地達、今晩のNET更新時に登場します。→




過去のFABBRICA(10)
 

2009年GW
初めて高松に行きました。
NOZさんの洋服のオーダー会でした。

FABBRICAのお客様に高松で素敵な生地屋さんを営んでいるSさんがいます。
その素敵な生地屋さんでオーダー会を開催してくださいました。
懐かしい写真をご紹介しますね。



そのシーズンの新作はイタリアで買ってきたデッドストックのチェック&ストライプの生地で作ったシャツやワンピース


そしてカラフルな麻にオリジナル刺繍



店内にはアンティーク小物が沢山


そこにFABBRICAの商品を入れ込みました





イタリアのヴィンテージ生地も沢山持って行きました。




チロリアンテープも一緒に出張


店内の様子


玄関の窓から見える様子


懐かしい商品が沢山

実は4年ぶりに、また高松でNOZさんの洋服オーダー会を開催することになりました。

今週の金曜(5月10日)、土曜(5月11日)2日間限定です

今回の場所はそのお店の近くの’ギャラリー茜’にて

また高松に行けるのはとてもうれしいです。

恵比寿のFABBRICAはその二日間お休みをいたします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


さて、名古屋東急ハンズのイベントはおかげさまで大盛況です、いよいよ明日9日が最終日です。本当は「過去のFABBRICA」にて2年前の初回イベントの様子をアップするとお伝えしましたが、あまりいい写真がなかったのであきらめました。


過去のFABBRICA(9)
 今回はFABBRICAが初めてお店以外のところでイベントを行った時の写真をご紹介いたします。
2006年7月の三連休の時でした。

友人がやっている代々木上原の人気ギャラリー「HAKO」で、仲間達と合同イベントを行いました。テーマは「BARアトリエ」、おいしいワインやフードがあり、アトリエのような空間。

出展者は当時FABBRICAでご活躍の作家さん達と学芸大でシュウマイBARをやっている妹とFABBRICAです。


友人のスタイリストJさんが素敵にスタイリングしてくれました。
アトリエ風




レジカウンターには当時からもクッキーとか販売していました。



オリジナルキッチンクロス、シートクッション、懐かしい。
壁にはイタリアの手芸用品が・・・


一番奥はしゅうまいBARのスペース

当時のメニュー


そして、ワークショップも

NOZさんの独特な雰囲気の刺繍を教えてもらう。

実はワークショップのリスエスト、今までも沢山ありました。
恵比寿のお店はそのようなスペースがないので、できないのですが・・・
今月末名古屋ハンズさんのイベントの時にまた、ワークショップを開催することが決まりました。お近くでご興味がある方はぜひこの機会に参加してみてください。

お申込みなど詳しい情報はNEWSをご覧ください。

次回の「過去のFABBRICA」は初めて名古屋ハンズさんのイベントに参加した様子をご紹介します。

過去のFABBRICA (8)


2009年7月の写真です。
テープや生地が沢山の店内。

年々変化し続けるFABBRICA店内は今、バッグやポーチなどの既製品が増えてきました。
昔の店内は資材中心でした。

今年の目標は・・・資材を沢山在庫すること。

もうすぐ海外で発注した生地などが届きます。
またご紹介いたします。
過去のFABBRICA(7)
2005年5月の写真です。エプロンが沢山。
過去のFABBRICA(6)
 
2005年の写真です。
定番のエプロンです。さまざまな生地で展開してきました。
過去のFABBRICA(5)
 

2004年10月、FABBRICAオープン当初の写真です。
とてもシンプルな品ぞろえ。
奥のテーブルにはチロリアンテープが置いてある。
徐々ににぎやかになっていく店内の写真をまたご紹介いたします。
お楽しみに。