商品や日々の出来事などをお届けします
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ヨーロッパのアンティーク市シリーズ・・・AREZZO
 

いきなりですが、写真が曲がっているわけではないのです。地面が傾斜しているのです。

違うアングルでも・・・
なんか不思議な感じです。

ここは、イタリアのアレッゾという町の中心の広場です。

毎月第一土日、旧市街の町全体がアンティーク市に変身します。

結構有名なので、観光客が沢山います。

駅下りてまっすぐ進むと、旧市街の入り口
ここから、道の両サイドにお店が並びます。


小さな路地にも

商品がいっぱい


道端がお店


欲しいもの発見!でも持って帰れない。



私は人形を見ると、必ず写真を撮ります。



クマと少年、買いそうになった置物。


こういうのも好き


マリアさんも好き


人気の動物置物


家具はなかなか買って帰れないけど、小物なら・・・



とにかく沢山お店が並んでいるので、掘り出し物が沢山!!


レストランとかBARは市の時はすごく混んでいるので、こだわれない。
適当に入った食堂のインスタントのパスタ、5ユーロの割にめちゃめちゃおいしくて、友人と感動したなぁ。

ヨーロッパのアンティーク市シリーズ・・・FIRENZE


ヨーロッパのアンティーク市には宝が沢山売られています。

週末になるといろんな広場やエリアで開かれる、いくつかの小さい町は町全体がアンティーク市に変身します。だいたい行われる週が決まっているので(第1土日とか第4とか・・・)調べてから旅行のスケジュールを立てると良いと思います。

昔イタリアに住んでいたころから、よく行くのがFIRENZEのCIOMPI広場(確か第4週末か最終週末)ここで20年前、アルミのフライパンやお鍋を大量に買った記憶があります。まだ家に残っている。その広場にある語学学校に通ってた、学校の下のパン屋さんで売っている手の形のパンはおいしいので有名。

なんとパン屋はまだ健在

パン屋の外観
一見地味ですが、今も地元の人が’手のパン’を買いに来る

実はCIOMPI広場にはアンティークショップが集まっている。

ここは普段平日も開いている。

かわいいお店が沢山


でもふだんはあまり人がいない、やはり、市が開かれる時に行きたい。


facebookにもアンティーク市の写真をどんどん載せていきますのでよかったらチェックしてみてください。