商品や日々の出来事などをお届けします
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
連休と哲学

iPhoneImage.png

 

やっと過去の自分からお休みをもらえました。

お正月ぶりです。

 

家でのんびりできるのは本当に久しぶりです。

 

しかも連休

 

人間って、働かされているのよね

自分でやっているから、好きにすればいいじゃんって思うかもしれませんが、

本当に休めないんです。

 

連休中だって、家でやらなきゃいけない仕事もある。

だけど、体は楽です。

 

こうして余裕だと、ブログも書ける。

振り返ることもできる。

 

 

恵比寿時代は今思うと、本当に楽な生活をしていました。

あの頃はよくいろんなことを考えていたなぁ

いろんなことを

 

自分は自分の中でつながっていて、過去と未来とつながっている。

過去の自分にも、未来の自分にもメッセージは送れる。

自分は過去の自分が敷いたレールの上を走らされている。

などなど

 

 

最近、昔のお客様に会いました。

あの時代に戻りたいかと聞かれました。

楽だった恵比寿時代かぁ

それはもう戻れないなぁ

 

ハードな生活の方が、なぜか充実感がある。

それに・・・

 

昔の仕事の仕方は、現在の自分に頼るだけ。

 

今の仕事の仕方は、未来の自分に仕事を与えることです。

 

未来が見えてたほうが不安はないから。

 

未来に対してはどうしてもハードスケジュールを組んでしまいがちだが・・・

それでいいんです。人間はそうしないと頑張らないから。

 

過去からもらった仕事をこなす、未来に仕事を与える。

現在の私です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

粉祭り試食会
iPhoneImage.png
この前の日曜日、友人の後藤シェフの家にお招きいただきました。
後藤シェフとは五反田のデザインセンターの3階にあるイルカヴァロ(イタリアン)のシェフです。

後藤シェフと彼の奥様と私は昔からの友人です。
15年ぐらい前彼らがシチリアに住んでいた頃も会いに行き、長い付き合いです。

それは実は私は後藤シェフのお料理が好きで前のお店VICOにもよく通ったなぁ。

なんとその後藤シェフがFABBRICAでイベントをやってくださいます。

きっかけは奥様がFBにアップしたお菓子の写真
iPhoneImage.png

おいしそう!!

たまにイベントを開催しているというから、ぜひFABBRICAでやってやってとお願いしたら

シェフ自らお菓子をFABBRICAのために作ってくださいました。

iPhoneImage.png
試食会の始まりです。

お菓子は最後にということで

まずはランチをごちそうになりました
その日は前菜の生ハムからスタート

パスタ
iPhoneImage.png
iPhoneImage.png

メインはサルシッチャ
iPhoneImage.png

そう、お肉のイベントも考えています。


お腹一杯になったところでお菓子を試食しながら打ち合わせ
iPhoneImage.png
iPhoneImage.png




内容はこんな感じになりました!!
 

ー粉ものいっぱいの美味しい粉祭りー

日時4月29日(金・祝)AM11時開店~16時@FABBRICA恵比寿

たくさんのイタリア焼き菓子と共に
人気の胡麻パン、フォカッチャも販売
(1本売りは要予約)
そしてパニーニ(生ハム、モッツァレラ、ルッコラ)もご用意致します!
もちろんワインも

毎回後藤シェフのイベントで即完売の
ジンジャーシロップ、グラノーラも
販売します。

こんなに一度にシェフのお菓子を味わえることは
なかなかありません
贈り物(詰め合わせは要予約)にも
喜ばれること間違いなし!

ぜひこの機会に
恵比寿の街角にあるイタリアへ
お越しくださいませ!
(店内ではフリーマーケット開催予定!)

GW中はFABBRICAがいろんなところへ出店致します(イベントの予定は後日お知らせいたします)。
恵比寿店は4月29日・30日のみ営業致します。
粉祭りは4月29日のみです!!


 
引きこもり連休
 

去年あたりからまともに休んだことがなかった。
というか、私が言っている休みというのは、何も用事がなく、家でゴロゴロするということです。
ゴロゴロすると言っても、何もしないわけではない、掃除をしたり、洗濯をしたり、ピアノの練習をしたり、寝たり、料理したり、アイロンをかけたり、運動したり、洋服の整理をしたり、パソコンいじったり、テレビ観たり・・・などなど、家でのんびりすることです。

家をきれいにして、のんびりくつろぐことは、心身にとても良い。

今年はこういう時間をもっと増やしたいなぁと思いました。



クスクス会


昔、毎日クスクスを食べていた時期がありました。3年間ぐらい。

そのぐらい好きなクスクスですが、実はちゃんと研究したこともなく、自己流でお料理していました。 

妹の店で知り合ったお料理研究家の口尾麻美さんとクスクス料理の話で盛り上がり、クスクス会を開いてくれることになりました。料理教室です。

お料理教室と言っても、食べるのが目的の方も多く(私もその中の一人)

口尾さんのご自宅で開かれるこのお料理教室は何と言っても、素敵な空間が魅力、毎回少しずつレイアウトが変わっていて、かわいい小物達がさりげなく置かれているインテリアを見るのも楽しみの一つ。
少しご紹介します。



キッチンはもちろんプロ仕様


見せる収納

ものが沢山溢れているのがすてき






本棚のなかにもかわいいものが沢山隠れている







FABBRICAのワッペンを発見



トイレにFABBRICAのモビールも発見




そして、いよいよお料理教室の始まり




ほしい!!クスクスなべ


下のなべでチキンを煮込み

上のなべでクスクスを蒸す仕組みはシンプルで機能的。



仕上がりはこんな感じ



みんなで盛り付ける。

もう一品

緑のタブレ

パセリが5束も入っている。ヘルシーでおいしい。

ほかにも・・・・・長くなるので省略

最後はみんなで試食


クスクスの戻し方が今回のポイントでした。
何度も手で揉み解し、蒸しなおす。知らなかった。

先生はモロッコでは実際にどのようにみんながクスクスを食べているのかとか調理法とか、いろんなお話をしてくれた。

今まで自己流で食べていたクスクス、実は奥が深いらしい。

この会はさらに続く。